HOME > 木造解体 > 解体までの流れ

木造解体


解体までの流れ

建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(通称:建設リサイクル法)に基づく手続き等の流れ

発注者は一定規模以上の工事(下記表参考)について、工事着手の7日前までに都道府県知事(地域により市長)へ届け出ることが必要です。

工事の種類  規模の基準
建築物の解体 延べ床面積 80m2
建築物の新築・増築 延べ床面積 500m2
建築物の修繕・模様替率(リフォーム等) 工事金額 1億円
その他の工作物に関する工事(土木 工事等) 工事金額 500万円



木造解体TOP解体工法と木造解体の流れ

東北黒沢ってどんな会社?

社会貢献の取組み

鶴巣ファーム
社有地を圃場整備し、ご希望の方に畑を提供しています。

チャレンジ25