HOME > 木造解体

木造解体

家屋などの木造構造物の規模、建築年数、工期、近隣環境、敷地条件にあわせて安全作業の確保と、近隣家屋など周辺環境に配慮した解体工法を選択します。解体工法には手こわし工法と機械解体工法とがあり、手こわしと機械解体を併用することもあります。いずれの場合も手作業による分別作業が建設副産物の再資源化には不可欠です。




建物や立地条件に合わせ、最善の解体方法をご提案いたします。







東北黒沢ってどんな会社?

社会貢献の取組み

鶴巣ファーム
社有地を圃場整備し、ご希望の方に畑を提供しています。

チャレンジ25