HOME > 木造解体 > 解体工法と木造解体の流れ

木造解体


家屋などの木造構造物の解体工法選定

   
手こわし工法とは文字通り重機を使用せず簡単な手道具(バール又は、かじや)を使用し解体する工法。
熟練した専門の職人により整然と行われる。
木構造部はすべて手作業の解体である。

  • 解体材の再利用、リサイクルが容易である
  • 振動、騒音による近隣家屋等への影響が少ない
  • 廃棄物の分別が容易である
  • 家屋密集地、狭小敷地での作業に適している
 
車両系建設機械(油圧バックホー)に解体用アタッチメントを装着し解体する工法
あらかじめ家屋等から畳、建具類、瓦等を取り外した後、家屋等の内部造作を手こわしで解体する。
家屋等の内部造作材、上屋は解体しながら木材と可燃物、不燃物に分別する。
現在、家屋などの木造建物の解体はこの工法が主流である。

  • 機能的
  • 粉塵が発生しやすい
  • 重機災害に注意する
 
敷地条件などにより直接機械解体が不可能な場合、あらかじめ機械作業が出来るように部分的に手こわしを併用する。
機械解体は分別解体とする。

  • 近隣家屋が隣接する住宅密集地・極狭・商店街等の解体
  • 部分的な解体の為の縁切り

解体手順の流れ



木造解体TOP解体に関する法律木造解体TOP

東北黒沢ってどんな会社?

社会貢献の取組み

鶴巣ファーム
社有地を圃場整備し、ご希望の方に畑を提供しています。

チャレンジ25