曳家工事

曳家工事

「曳家工事」とは建物を取り壊さずに移動したり回転させたりする工事です。
曳家工事は建て替えによる予算に比べ、低予算かつ工期も短期間ですみます。
また、曳家工事により住み慣れ親しんだ建物を大切に維持・保存することができます。

曳家工事はどんな時に有効?

曳家工事は、建物内のほとんどの物を移動することなく、そのままの状態で工事が行えますので、次のような場合に有効です。

  • ■都市計画対象地区になってしまい、道路等建設により建物が移動対象になった場合。
  • ■建物の増改築に伴い、建物を移動したり向きを変えたい場合。
  • ■現在の土地が不等沈下を起こし、建物等が傾いている場合。

また、曳家工事を行うことには次のようなメリットがあります。

  • ■曳家工事により、リサイクル時代の中、大切な資源の無駄を省くことができます。
  • ■曳家工事により、歴史的建造物、文化財などをそのままの姿で移動かつ保存することができます。
  • ■曳家工事により、駐車スペースを拡張したり、家庭菜園を始めるなど、既存の土地をより一層有効に活用することができます。
step1
建起し工事
レバーブロック、ターンバックル等で建物を引き起こす。
  • 建起し工事
  • 御施主様からの声


    建物がもと通り
    まっすぐになりました。
    最初は直らないと思いました。
    壊さないで良かった。
step2
土台上げ工法
建物をその場で持ち上げ基礎を作り替える工法。
  • 土台上げ工法
  • 御施主様からの声


    もともとの地盤(地山)で
    沈下の心配はないと思うので、
    壊れた基礎だけを
    作り替えて頂きました。
step3
曳家(ひきや)工法
建物を別の場所に移動する工法。
  • 曳家(ひきや)工法
  • 御施主様からの声


    敷地がありましたので
    丈夫な基礎を先に作ってもらって、
    そこに曳いてもらいました。
    仮住まいする期間が短くなって
    助かりました。
step4
レベル調整工法
応急的に基礎と土台の間にパッキン材を入れて水平に直す工法。
  • レベル調整工法
  • 御施主様からの声


    沈下しただけで
    建物被害はさほどないので、
    応急的に水平にして頂きました。
    早くて安くすんで助かりました。
step5
鋼管杭圧入工法
建物の基礎下に鋼管(Ф165)をジョイントしながら、油圧ジャッキで圧入する工法。
  • 鋼管杭圧入工法
  • 御施主様からの声


    埋立地で地盤改良工事もしていないので
    将来的にも心配だったので
    杭を入れてもらいました。
step6
特殊工法 他
平屋を2階建に、2階建を3階建に既存部分をその場で高上げして、下に増設する工法。
  • 特殊工法 他
  • 御施主様からの声


    車が増えて止める場所がなく、
    ついでに物置スペースも
    作ってもらいました。
お問い合わせ・ご相談はこちらまでどうぞ。解体・施工に関してご不安な点、ご相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談はこちらまでどうぞ。解体・施工に関してご不安な点、ご相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談はこちらまでどうぞ。解体・施工に関してご不安な点、ご相談などお気軽にお問い合わせください。 メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら
トップページ
木造解体
RC造解体
廃棄処理・リサイクル品販売
曳家工事
その他事業
会社概要
サイトマップ
お問い合わせ
採用情報
個人情報保護方針
× 閉じる